技術情報
≪防犯ガラス、防犯フィルム、アルミパネル、格子、鍵、なんでもござれ!!≫
鈴木硝子店
硝子の破損、鍵、網戸、サッシ、修理交換承ります。

▲INDEX
『アナタの家は狙われている!!』  

 立地条件
 ポイント 1: 公園・神社の前にある
 ポイント 2: 近隣に金融機関がない
 ポイント 3: 向かいに同じ高さの建物がある

 近所付き合い
 ポイント 4: 新築である
 ポイント 5: 単身・共働きが多い

 侵入方法
 ポイント 6: オートロック以外から侵入可能
 ポイント 7: 簡単に屋上へ上がれる

 防犯機能
 ポイント 8: ベランダ伝いに隣家へ侵入しやすい 
 ポイント 9: 監視カメラがない
 ポイント10: ピッキングされやすいカギである

泥棒はどうやって留守を見抜くか?
インターホンで呼んでみる。 46%
人の動きがないかしばらく見張ってみる。 20%
電話をかけてみる。 6%
窓のガラスに石等を投げてみる。 6%
昼間カーテンや雨戸が閉まっている。 6%
郵便受けに新聞や手紙がたまっている。 6%
その他 11%
どこから泥棒は入ってくるの?

玄関から - 鍵のこじ開け、ピッキングが多い。
ベランダから(1階の場合、外からよじ登ってくる。)
車庫や塀足がかりにベランダから侵入(2階のベランダ)
共用部(廊下側)の窓から、...などなど。

最近、オートホンと電気錠を組み合わせて内側からでないと正面扉があかないセキュリティ付きのマンションが増えていますが、意外と非常階段を伝って簡単に最上階まで上がれます。しかし、これは消防上しかたがありません。
また、玄関扉に郵便ポストが埋め込みになっている場合、ポストに腕をつっこんで内側から鍵を開けた、という事案や扉のガラスを割って内側から鍵を開けたという事案も出ています。



※ もしも泥棒に入られた時、とにかく再犯に気をつけてください!特に女性の場合は、一刻も早く頑丈な鍵に交換する、防犯システムをつけるなどの対策を。鍵を紛失したときも同じ
〜マンション編〜

共用部分


共用部玄関 -正面玄関
共用玄関は道路側からの十分に見通しがきくものがいいようです。玄関扉はガラスが入った内外を見通せる構造が安心です。さらに、予算が許せば、オートロックシステムを導入することが望ましい。
(インターホン+個々の部屋から遠隔で正面玄関を開閉する。)

正面玄関以外の共用出入口
共用玄関以外の共用出入口(非常口。荷物の搬入口。)は、道路などからの見通しが確保された位置がよい。

玄関など出入口の照明設備
玄関の照明設備は、夜間でも来客者を確認できるような照度を確保することができるものが防犯上のぞましい。

管理人室
管理人室は正面玄関、郵便コーナー、エレベータホールを見通せる場所が一番望ましく、またはこれらに近接した場所に位置していたほうがいい。

共用郵便コーナー
郵便コーナーは、共用玄関、エレベータホール、管理人室からの見通しがきく場所に設置したほうがよい。郵便コーナーの照明設備は、夜間でも訪問者を確認できる明るさを確保したもの。さらに郵便受箱は鍵がついたものがよい。

エレベータホール
エレベータホールは、共用玄関、管理人室からの見通しが確保された場所がよい。エレベータホール周辺の照明設備も来客者を確認できるほどの照度を確保したい。

エレベータ内の連絡設備、警報装置
エレベータ内には、非常時の使用する押しボタン、インターホン等によりかご内から外部に連絡する設備を設置する。

エレベータの扉
エレベータのかご及び昇降路の出入口の扉は、エレベータホールからかご内を見通せる構造の窓がついたものがよい。 -異常を外から確認できる。

エレベータ
エレベータのかご内には防犯カメラ等の設備を設置することが望ましい。
(エレベータ内の犯罪が多発している。)

共用廊下、共用階段の構造
共用廊下は、その各階の部分がエレベータホールからの見通しがきくようにした方がよい。
共用廊下および共用階段は居室バルコニーに侵入しにくい構造とする。
(バルコニー伝いの空き巣が多い。)
屋外に設置される階段は、外部から見通しが確保されたものとすることが望ましい。

共用廊下、共用階段の照明設備
共用廊下、共用階段の照明は、来客者が確認できるくらいの明るさを確保する。

駐車場、自転車置場、オートバイ置場
道路、共用玄関、居室の窓などから見通しが確保された場所が防犯上のぞましい。

駐車場、自転車、オートバイの盗難防止設備
チェーン用バーラック、サイクルラックなど、駐車場には監視カメラなど、盗難防止に配慮されたものがよい。照明設備は状況を確認できる明るさを確保する。

通路
敷地内の通路は、道路等、共用玄関、居室の窓からの見通しが確保されたものが望ましい。通路の照明設備は、来客者を確認できるほどの照度を確保したい。 -不審者の確認、事件の抑止。

児童遊園、広場
児童遊園、広場は道路、管理人室、共用玄関、居室の窓からの見通しが確保されるようにしたほうが望ましい。児童遊園、広場の照明設備は、状況を確認できる明るさを。

塀、柵
塀、柵は敷地区画をはっきりと明示するよう配置すること。また、設置する塀、柵の構造や高さは、敷地内への侵入の死角を作ったり、住戸の窓、バルコニーへの侵入の足場とならないように注意が必要。

防犯カメラ
共用出入口、郵便コーナー、エレベータホール、共用階段、駐車場、自転車置場、オートバイ置場などにおいて見通しの確保が難しい場合には、監視カメラを検討するのも一つの手です。

屋上
屋上は出入口に扉を設置し、なるべく施錠が可能なものとする。屋上が居室バルコニーに近接、近い場合は、火災などの避難の際に支障のない範囲において、面格子、柵の設置などバルコニーへの侵入防止に有効な措置をとる。
(屋上からバルコニー伝いの居室への侵入対策。)

ゴミ置場
道路からの見通しが確保された場所に設置する。住居棟と別棟にゴミ箱がある場合には近隣の住居棟への延焼のおそれのない場所に設置する。さらに、街灯のある場所にゴミ箱を置くことが望ましい。



〜マンション編〜

専用部分(住居部分)


住戸の玄関、扉
住戸の玄関扉は材質をスチール製などの破壊、こじ開けが困難な頑丈なものとし、デッドボルト(かんぬき)が外部から見えない構造のもの。かんぬきが外部から見える場合はガードプレート(かんぬきを隠すカバー)を設置する。

玄関扉の錠
ピッキングが困難な構造のシリンダーを有するもので、面付箱錠、彫込箱錠等破壊が困難な構造のものとする。また、補助錠を設置することが望ましい。

ドアスコープ、ドアチェーン
玄関扉は外部の様子を見通すことが可能なドアスコープを設置する。また、錠の機能を補完するドアチェーンを設置する。(ストーカー、痴漢対策。)


インターホン
各居室には、居室玄関の外側との間で通話が可能なインターホンを設置する。

管理人室との通話
インターホンは、住居内と管理人室との間で通話が可能な機能等を有するものが防犯上よい。マンションにオートロックシステムを導入する場合には、住戸内と共用玄関の外側との間で通話が可能な機能および共用玄関扉の電気錠を住戸内から解錠する機能を有するもの設備が望ましい。

住戸の窓
共用廊下に面する住戸の窓は面格子の設置など空き巣の侵入に強くする。

バルコニーに面する窓
住戸の窓のうち侵入が想定される階に存在するものは、錠付きクレセント、補助錠、面格子の設置など泥棒の侵入防止の措置をとる。火災、地震などの避難に支障のない範囲において窓ガラスの材質は破壊が困難なものを導入することがベストです。住戸のバルコニーの手摺り等はプライバシーの確保上、支障のない範囲において、周囲の道路等、共用廊下、居室の窓等からの見通しがきくほうがよい。

I N D E X

当社トップページ INDEXへ戻る

鈴木硝子店
〒444−0784 愛知県岡崎市明大寺町諸神12−3
TEL:0564-51-2765
Email:kaiko1@ruby.ocn.ne.jp